なぜカタカナ

| コメント(0) | トラックバック(4)



凶気の桜

凶気の桜


ヒキタクニオ・・・なぜカタカナか?
この人同年代である。
最初に読んだのは「凶気の桜」映画化されて話題になってたからかな・・・
まあ、そこそこ面白く読ませてもらった気もするが、
改めて思い起こそうとしても、内容がよく思い出せん。



鳶がクルリと

「鳶がクルリと」は、彼方此方の書評などを見ると・・・
曰く、キャラクターが普通じゃなさ過ぎで、感情移入できない。
曰く、作者の考えをキャラクターにしゃべらせ過ぎでうざい。
などなど。
結構厳しい意見がおおござ〜ます。なるほど、ごもっとも。

でもね、私はケッコ〜気に入りました。これ。
職人の意地みたいなとこで思わず涙。いやホント。
これも映画化。いいなぁ〜もおかってんだろなぁ〜
ヒキタクニオ

トラックバック(4)

トラックバックURL:

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2005年9月22日 00:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「盗難注意報」です。

次のブログ記事は「ランド・オブ・ザ・デッド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10