先代さんご紹介

| コメント(2) | トラックバック(0)

8d7eb285.jpgApe100の前はスズキのイントルーダーVS750。排気量747cc。
VS747はそこから。なんとなくジャンボジェットっぽく?もあり、実は割と気に入ってる。

ワシらの世代って、三無い運動とか大型限定免許とか若いバイク乗りが、ある意味迫害された時代。
高校時代に大型限定の事前審査で落とされて、「次は1ヶ月後ね」とか言われそれっきり・・・。
(「息が切れてるっ」て落とされてた人もいたねぇ・・・すげえ理由)
まあ普通に、自動車学校で大型二輪免許が取れる様になってとった訳だけど、取ったは取ったで、欲しくなるわな。大きいの。

しか〜し。現実はきびしく、金はない。
(免許取るのも金かかったし)

イントルーダーって、エンジンフェチの私としては、すんごい気になるエンジンだった。
曰く「股の間に生き物を抱えているような。」
曰く「本家ハーレー以上の鼓動感」
また小型軽量なのも俺的には高ポイント。
でも、アメリカンじゃん。ん〜。
そこで目をつけたのがVX800。イントルーダのVツインを積んだヨーロピアンツアラー。
探したんだけどね〜何しろ超がつく不人気車。でも、意外にマニアがいたりして中々ねぇ・・・。
わしのVSも乱入してるVX800のサイト

そこいくと、イントルーダーは価格もこなれていて、競争率も低い。
オークションで車検1年ありのブツをゲット。

最初乗った印象は「えっれ〜遅くないかい?」だった。
でもコレは、キャブの同調取ってもらったら、見違えるほどパワフルになった。

「本家以上の鼓動感」ってのは、どうかね〜?まあ本家は納得しないと思うが・・・
アイドリングではほとんど振動が無いんで、ハーレーみたいに信号待ちで酔うことは無い。
加速時は結構ダイレクトな鼓動感があって楽しかった。
まあ、比較すること自体あまり意味のないことかとも思う。
振動(鼓動)はデカイ方が偉い訳じゃないしね。

写真はマフラースパトラ2本出しに変えた状態。
専用パーツとかほとんど無いけど、チマチマいじるのも楽しかった。

バックステップにしてVX化とかも妄想していたのだが・・・
エンジンから煙はいて半死に状態、そのまんまバイク王 行き。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2005年10月30日 13:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フランケンウィニー」です。

次のブログ記事は「ヤギじゃないってば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10