少女マンガ

| コメント(0) | トラックバック(0)

いわゆる少女マンガファンではありませんが。
でも、少女マンガっぽく無く、なかなか面白いのもあるんですぜ。
そのいちがこれ。吉田秋生〜
河よりも長くゆるやかに

吉田秋生自体けっこう好きなんだけど、特にコレはイイね!
なんか奥さんが引っぱり出してきてたんで、読み返してみたけどやっぱよろし。
我が家のは1巻が行方不明・・・。

もうひとつ。青池保子〜
エロイカより愛をこめて (1)

この表紙からして少女マンガじゃねえな・・・銃器とかメカの描写すんごいのよ。
むかし女友達から借りて読んだらえらい面白くてね。それはもっと少女マンガチックな表紙だったはず・・・。
さすがに人気作らしく、『Z』とか『魔弾の射手』などのサイドストーリーもあって、わたしゃついつい買っちゃたもんね『魔弾の射手』・・・これはちょいシリアスすぎていまいちでしたが。

ともに少女マンガといいつつ、チョットその枠には収まんない感じかな?

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2005年12月11日 00:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベルカ、吠えないのか?」です。

次のブログ記事は「空耳 空目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10