DVDね『ローレライ』

| コメント(3) | トラックバック(1)

ローレライ早速貸してくれた人がいたんで、観てみました。
原作は読んでませんので、『潜水艦の話し』くらいの事前情報しか持ってねぇ。

っで、観ると意外な設定に結構度肝を抜かれました。おぉ〜てなもんざんす。

全体としては面白く観られたんですけどね・・・突っ込み何処は満載です。
まぁフィクションだから、大人気ない真似は・・・します。

●CGが漫画チック。(わざとだとか)
●映像がキレイ過ぎる(雰囲気不足だと思うんだが)
●米軍の俳優がヒジョ〜にB級っぽい(結構重要な役だと思うんだけどねぇ)
●いくら"見え"たって、あんな器用な真似はゼ〜タイ無理でしょ。

などなど。

最大の違和感は、時代を感じさせない事かね。
わしも当時を知ってる訳じゃないし、軍人がどういう思考の人達なのか判らんけど
なんか、考え方も行動様式も現代的すぎるきがします。
全て計算どおりって言われたら、それまでですがネ。

結局、そこそこおもしろいけど、今イチ印象の薄い感じ(やっぱり)。

トラックバック(1)

トラックバックURL:

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2006年9月 4日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「亡国のイージス」です。

次のブログ記事は「自転車とろろん銭湯記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10