2007年2月アーカイブ

フェラーリを買う予定も、その気もないけど・・・
 貧乏人はフェラーリを買へ!

ともかく文句無しに面白かった。読んでて大笑い。
その勢いで、コレも続けて読んじゃうくらい。
 そのフェラーリください!

まっ順番から言ったらコッチの方が先になるのだよね。

自分は例のスーパーカーブーム世代だと思うんだが、あんまり夢中になんなかったクチ。
なので、フェラーリったらテスタロッサくらいしか判りません。
そんな人でも十分楽しめると思います。

フェラーリ生活10年の収支決算とか見ると、3,000万円弱掛かっていて本人も「思ったより掛かってるなぁ」とビックらこいてますが、それでもフェッラーリ様のコストパフォーマンスは最高なんだと。
なにしろ芸術品だから。

コーナーが苦手で直線も苦手(でも最高!笑)などと、自分のフェラーリ様の弱点を書き連ねたため、同型車の価格が暴落。
自分のクビを絞める事になった・・・なんてすてきな話しが盛りだくさん。

まあ、読んでみないと、語りきれません。

このあいだ装着したZEROのヴォーグマフラーは、標準でエンドバッフルが付いております。
なのにワザワザ汎用のエンドバッフルを購入するに至ったか・・・
その1.ノーマルキャブならOKだけど、ビックキャブ(PE24)だと今イチフンヅマリ感がある。
その2.音質が今イチしょぼい。
だからって外しちゃうとかなりウルサイので思案しておったのだよ。

npro01.jpg


購入したNプロジェクト製のブツは、標準添付品の18mmに対して23mmと若干穴がデカイ。
材質もアルミだからまろやかな音がする・・・かもしれない様な気がする。
と言う事で、装着してみました。
コレで1,575円ってのも非常にリーズナブルだったし。

以前装着していたポッシュのマフラーもこんなんエンドバッフルでしたが、どちらが表でどちらが裏なのか未だに判りません。
あるいはどちらでも良い物なのか、っま、好きな様に付けりゃ良いんであろう。
つうか、今回はマフラーの構造上この向きでしか付かんかったのだが。

npro02.jpg


んじゃぁと始動してみる。
「ぶぉ〜んぶりょふりょふりょ・・・」
音量は純正バッフルと大差ない感じだが、「ぶりょふりょふりょ・・・」って変なおつりはなんですか。
やはり、向きがまずいのでしょうか?

「ぶぉ〜ん、ぶりょふりょふりょ・・・」
「ぶぉ〜ん、ぶりょふりょふりょ・・・」

トリさんのかっこした水笛みたいな感じだぞ。
とってもかっこ悪い気もスルガ、走ってみたら本人にはそれほど聞こえん。

まあよし。そのうち切った貼った削ったしてやる。

流れ込むノイズ。呼び起こされる過去。記憶。


グシャノビンヅメ 公式 サイト

GUSHER NO BINDS MEと表記してまんな・・・
迸りは私を縛らない?みたいな感じなのか。
なんたら意味深。

エレベーターは悪夢によく出て来るアイテム。で、気になって見てみた。
判りにくいけど、拒絶はしてない。

でも、全体としてはチョット惜しかったかな〜って感じ。

オープニングのモーショングラフィックはカッコええよ。

topca.jpg
しばらく前から付けるの付けないのと騒ぎ悩んでいたのが、コレ。
箱、Topケース。
良さそうだが、どう考えてもカッチョ悪かろ~!と躊躇しておった。
特にApeは似合わないかも・・・でも、乗ってる分には自分で見えないしね。アハハァ。

ブツはGIVIのE30N。モダン系のデザインよりシンプルな系統の方がまだしも似合うか・・・と。
ベースを取り付ければ取り外しも随意に出来るし、各種補修パーツも用意されているいるので末永く使えるであろう。

まあ、付けてみれば間違いなく便利。
お買い物頼まれてもポイ。コンビニでお買い物してもポイ。
syunou.jpg

あんまり重いものや、中でゴロゴロ動く入れ方をすると、場所が場所だけに操縦性に影響出ます。

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10