ハンニバル・ライジング

| コメント(0) | トラックバック(0)

映画の宣伝もしてるんで、既知かもしれんが『羊たちの沈黙』レクター教授の、生い立ちを綴った所謂『エピソード・ワン』。

前作『ハンニバル』は、チョット殺伐とした雰囲気であったけど、今作は・・・
まあ、やりきれない話しではあるのだろうけど、
納得がいくというか、ある意味感動的であったり。
ン〜難しいな。人によって受け取り方に大差がありそう。
中々の傑作だと、ワシは思う。

戦争による極限状況で、外道と化してしまう人達の話しとしては
『ゆきゆきて神軍』『黒い太陽731』『スナッフ・フィルム追跡』等を読んだり観たりしたが
決して過去の物語でも、特殊な状況でもなく、勿論フィクションでもない。
ある日突然そういう状況に置かれる可能性をこの世界は孕んでいると言う事実。
そうなった時に自分は道を踏み外さないでいられるのか?

被害者にも加害者にもなりたくね〜。
きれいごとでなく戦争反対と思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kugizuke.net/mt/mt-tb.cgi/141

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2007年4月25日 08:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SRVへの道 〜立志篇〜」です。

次のブログ記事は「SRVへの道 〜旅立ち篇その壱〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10