SRVへの道 〜旅立ち篇その参〜

| コメント(2) | トラックバック(0)

その参ともなると、正直飽きてきた。
なげ〜し。
まあ、いきまっしょ。

suzu05.jpg


今夜の宿泊施設は平針東海健康センター24時間営業の健康ランド。
神経質な人はダメかもしれないけど、お風呂はでかいし、
非日常的な催し(何とか一座公演!みたいな)はあるし、値段安いし。
なかなか面白いと思うんですけど。
欠点は一度入ると(出ると?)再入場不可な点。あまり早く入るとする事が無い。

風呂はいって、200円のマッサージ機でうなって、飯喰って、とっと寝る。

翌日は早起きして、朝露天風呂。
・・・・ん〜降ってきやがった。

しゃーないんで、仕舞いっぱなしでカビカビのカッパを着て走り出す。
予報は午後に向かって、さらに下り坂っぽい。
バイクのコンディションも今イチニィサン不安だし、まっすぐ帰ろ。お家へ帰ろ。

YSPがあったので朝ぱらからオイル交換を決行(高そうだけど・・・)。

suzu06.jpg

「オイルは何にします? 純正がリッター1,980円。ワコーズが2,180円」
ん〜・・・純正でお願いします。もっと安いのでも良いんだけどモゴモゴ・・・。

え〜ここで「多分燃料ポンプだけど、1気筒死んでるねェ」宣言をうける。
SRVやらビラーゴではよくあるトラブルらしい。

「1気筒死んでる」ってのは、「まあ、そのうち要修理」程度に受け取っておったのだが、
走り始めたら、な〜んかホントに片肺になってるみたい。

さっきまで、ほぼ快調だったのに。オイル交換が裏目に出たのか。
暗鬱。

ブロロ・・・としばらく125cc単気筒で走るが、
この先100km以上これで走るのは辛過ぎる。

路上でプラグを見てみると、後ろバンクがビショビショ。
したらば、なんと工具箱の中にプラグが2本。
1本は新品。1本は真っ黒にカブッたヤツ。
ん〜前オーナーもコレに悩まされておった訳やね。

とっとと新品プラグに換えて、始動。
わ〜い復活。さっさと帰ろ。

雨もすっかり(とっくに)上がって、磐田を過ぎる頃にはしっかり晴れてきやがりました。
その後は、大過なくあっさりと昼過ぎに家着。
天気予報の嘘つき。

旅立ち篇『完』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kugizuke.net/mt/mt-tb.cgi/138

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2007年5月 3日 19:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SRVへの道 〜旅立ち篇その弐〜」です。

次のブログ記事は「SRVその後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10