2007年7月アーカイブ

出戻り

| コメント(3) | トラックバック(0)

お皿スーパーサウンド化時にはずした、インナーサイレンサー(以下IS)を戻してみる。

is.jpg

ハイ!戻したぁ。
皿は変わらず○○△○○▽○の7枚。
例のチョイ凄みのある音は、すっかり鳴りを潜め、
スパトラお皿との違いは判らなくなっちゃいましたねぇ。

IS入れると「抜けが悪い」とか「調子悪い」とかって話しを良く聞く。
がぁ。
ワシはあまり感じないねぇ。感覚の差か・・・バイクにもよるのか。

ほら、SRVのばやいIS入れた方が2〜4000rpm辺りのトルクが太って、
ゴーストップやトコトコ走りが楽しい。
コロコロッって転がる様な感じ。

音もあまり勇ましくない方が合ってるのかも。

スイングアーム辺りの排気汚れは、スパトラに比べて大分いい感じ。
場所が場所だけに、全く免れる訳ではなさそうだがぁ・・・継続観察。

ウチのスーパートラップは、お皿が4枚しかありません。
一般論的に、チョット少なめな気もしますが、特に不具合はかんじません。
まあウルサくなくて良いかな。と、思うとりました。


しかし、話しを収集すると、4枚程度ではノーマルより抜けが悪いかもかも。
ノーマルを知らない子供たちは、それでも良いさと嘯いていたのだが・・・・
先日の東名高速上り坂の一件以来、ちょっと気になっていた訳だ。


で、スーパーサウンドの皿を購入してみました。ほぼ互換らしいので。
丸いの5枚と三角のを5枚。
この組合わせで音質もコントロールしようってのが、スパトラとの違い。

ss01.jpg

組み合わせは
RRRさんとかで紹介されてる
○○▽○○△○の7枚構成パターンでとりあえず行ってみる。
見た目は、別に変わりまへん。

ss02.jpg


始動してみると、4枚に比べれば多少大きいものの、さほど爆音ではない。
スパトラの「ドババッバッバッ・・・」に対して「ドルルゥ〜」ってかんじで、
なんか凄みのある音と言いましょうか・・・・より大排気量的な音。

走り出しても、後ろで「ドゥルゥ〜〜〜」ってずっと言っとる。
これはコレで悪くはないかも・・・だが。


インナーサイレンサー外すと、低速のムッチリ感がハッキリと減少してしまうナ。
高回転は多少いい感じがスルガ、まあ多少だし。
やはり、再装着してミンベ。


そうそう、このディスクで一応後方排気の範囲に収まるみたい。
手をかざすと・・・アナ不異議。確かに後ろに出てます。


最近奥さんが好きで、『天国までの百マイル』に続き読んでみましたが・・・。
いいです。素直にいいと思います。

全体のストーリーもそうなんだけど、所々の何気ないワンフレーズがグッと胸に沁みたりします。
やっぱり苦労人なのかなぁ。浅田次郎。

道の駅 掛川

| コメント(5) | トラックバック(0)

いまんとこ通るたびに寄ってる気がすんな。
ここ。

今回はお仕事なんで、行きは堂々と高速を使用。静岡から浜松まで。
帰りはケチったと言うより、疲れたんで下道。
で『道の駅 掛川』と。

mitinoeki.jpg

SRVの高速インプレは〜
条件のいいトコでは、スペックから想像さるる位のスピードは出ますた。
バァット!登り坂になると相当ヤバい。大げさに言えば登坂車線行き。
只この辺りは、キャブとかスパトラの皿とか、
諸々の整備で多少は向上する筈である。多分。

この日は結構風が強く、外乱に弱いとの評判に違わず、若干つらい感じ。
ではあったが、まあおお騒ぎする程でもない。
こんなもん。

それより、ヘルメットの方が大問題。絶版のSETA。
浮いてくるわ、風きり音ウルサいわ・・・
こういった、装備関係で印象はかなり変わるでしょう。

振動はね、大したこと無い感じだったけど、
浜松ついたときには足が相当ジンジンにしびれてた。
手はジン・・くらい。
底のしっかりしたシューズならもうちっと違うのかも。

野生の小王国

| コメント(0) | トラックバック(0)

batta01.jpg

ウチの小庭は小さな野生の王国。殺虫剤撒いてないからね・・・・
でも毛虫君は近所迷惑もあるので氷殺ジェットで・・・南無南無。

batta02.jpg

このアーカイブについて

このページには、2007年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年6月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10