グラスホッパー

| コメント(0) | トラックバック(0)


グラスホッパー
作者 : 伊坂 幸太郎

なんか残っちゃうタイトルってあって、「重力ピエロ」はそのひとつざんした。
そんで、それは読んでないんですけどね・・・(笑)同作者の「グラスホッパー」読んでみました。

結論はかなり面白かった。魅力はイロイロあると思いますが・・・。
「鈴木」「鯨」「蝉」の三人の視点で物語で物語は進行致しますが、各章の頭に3人それぞれの判子が押されてるのが、結構印象的(ぱっと見的にね)。

まっ、殺し屋たちとその業界が舞台なんですが、「こんなのあり得ねぇよねぁ。」って言う思いと「ひょっとして、こういう世界もあるのかねぇ。」と言う複雑な思いにもとらわれまする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kugizuke.net/mt/mt-tb.cgi/115

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2007年9月24日 12:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「燃費のお話し」です。

次のブログ記事は「Ys劇場〜スパトラ篇〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10