2010年5月アーカイブ

2日目 朝風呂で目を覚まして出発。
しようと思ったら・・・
バイクの鍵が見つからず、ひとり大騒ぎ(結構蒼い)。

昨日買った地元観光雑誌で本日前半のルートは確認。
先ずは「氷見」経由で「羽咋」を目指すのだが・・・

チョット高岡駅に寄って見る。んで、駅そばなどを食してみる。
駅そば自体が久しぶりなので、なんか嬉しい。変か?

soba.jpg
▲かけそば270円なり〜。結構混んでて繁盛してる。

氷見の手前で適当に海岸に出てみる。
やっと日本海にご対面だよ。
しばらく「ボ〜ッ」としていたい様な良い感じの砂浜。

nihonkai4.jpg
▲観光スポットじゃない、海岸が良いんだよね。たいがい。

氷見の潮風通り商店街って通過してたら、面白いオブジェがいっぱいあるので、
駐めて写真撮ってみたりする。ん〜藤子不二雄A?
あれ〜なんか藤子不二雄の出身地らしい。
まるで下調べが出来て無くて初めて知る。

manga.jpg
▲まんがロード?潮風通り?
原画とか藤子作品の展示してるギャラリーもあるらしい。・・・後日知る

なんかすげー混んでる「フィッシャーマンズワーフ」はスルーして、
(基本的に魚センターだし・・・)半島の反対側UFOの町「羽咋」を目指す。

wc.jpg
▲んで、ココが宇宙科学博物館コスモアイル羽咋

絶対乗りたくないぞ実物ボストーク1号とか、俺的にはけっこう楽しめた。
UFO最中を求め駅前まで行くが、なんかお店開いてないし。

しゃ〜ないので渚ドライブウェイへ。
ここね、海岸線の砂浜を車で走れるんだけど、高校の修学旅行以来(観光バスだって走れる)。
そんだけっちゃ〜そんだけなんだけど、妙に楽しくて結構みなさん笑顔。

nagizsa.jpg
▲砂がしまっていて走りやすい。
とはいえ、サイドスタンドを掛けるのは危険があぶない。

で、この後どうするか考えてない・・・
ってか、ルートを把握してない。勢いで金沢を目指す。イイノカ?

1日目後半〜

長いトンネルをいくつも潜って、道の駅「宙(スカイ)ドーム神岡」で休憩。
やっぱり結構大変な工事だったのでせう。

hitihuku%20.jpg
▲超難関突破貫通石
受験シーズンはすでにしゅ〜りょ〜。でした

なんじゃかんじゃ、富山市内に突入。
眼鏡市場、セブンイレブン、アイフル、バロー、ガスト、松屋、AOKI・・・・
街中は見慣れたチェーン店ばかりで、あまり見知らぬ街感は少ないねぇ。

romen.jpg
▲でも富山は路面電車が走ってるんよ。

そろそろ夕暮れモードなんで、今夜の宿泊地は高岡市に決定。
暗くなる前に場所は確認しておきたい。
国道沿いだって言うから簡単に発見できると思ってたのだがぁ〜
判らん・・・結局、国道沿いだけど逆方向に走ってた。
まあ、完全に暗くなる前に特定できたので、後はゆっくり飯でも食ってから行くこととする。


▲余裕こいて幹線道路はずれてみたりする。

まず、本屋さんで地図を物色。
地元発行の観光雑誌を購入。そのまま本屋から徒歩でブラブラと・・・
町の食堂といった体のお店を発見。結構繁盛してるみたいだし、イイ感じ。

syokudo.jpg

katudon.jpg
▲ここはかつ丼でしょ。700円なり。

んで、宿泊はやっぱり健康ランド。
アラピアは比較的設備も新しくて、こぎれいだが〜夜遅くまでうるさくて眠れず。
据え置きの「彼岸島」を読むが、こんな話しかい。
がっかり・・・買わなくてよかったよ。(とか言いながら10巻くらいは読んだ)

arapia.jpg
▲撮影は翌朝だが。


5月1日〜2日 1泊二日で能登半島(の付け根)まで行って参りました。

まっこと久しぶりの書き込みです。

そうそう、土地勘のあるとこならまだしも・・・
右も左も判らん所にいくばやい、地図くらい持ってきましょう。
まじ遭難します。山の中まだまだ雪が凍結してるし。

さすがに事前にルートくらいは調べましたがな。
R52号〜R20号でを松本までいって、そっから富山方面へ・・・
おおよその距離370km程度。
宿泊地は富山県高岡市か石川県七尾市を候補に、時間しだい。

市街地以外はさほど渋滞も無く順調に進む。
(身延で事故渋滞。乗用車が亀の子になってた。)
別段観光するわけでも無いので、気が向いたとこで写真とったり、道の駅で休憩したり。

kamanasi.jpg
▲韮崎アタリ?釜無川でしょうか。

suwa.jpg
▲セブンイレブン寄ったら、湖があった。
「あぁ諏訪湖か」てな、感じ。

daruma.jpg
▲松本あたり巨大雪だるま像
ココを左折して、高山方面に向かった・・・んだと思う。たしか。

しばらく行って1回目の給油。家を出てから200kmくらいかね。
ここまでの燃費32.82km/リットル。
別に悪かぁないけど、半分くらいは通勤に使っての数値なんで、もっと延びるハズ。

この先頻繁にルートNoが変わってわかりにくいが、471号線あたりはしばらくの間1台の車にも追いつかないし、追いつかれない状態。すばらしぃ。

高度が上がるにしたがって、路傍の気温表示がどんどん下がっていく。

hida.jpg
▲トンネルを抜けるとそこは雪国・・・
有料道路の料金所をでたとこ。気温3度くらいでしょうか。冬の上着持ってきて良かったよ。

・・・続く。

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10