2010年9月アーカイブ

我が家のSRVくん。キーシリンダー内部がマモーしておるんでせう。
スイッチON状態でも、キーがすっぽ抜けてしまいます。

最初は気にしてたけど・・・
走行中どっか言っちゃう気配もないので、まっ良いかと放置してたんですが。

先日、スイッチONのままキーを抜いて、バッテリー上げちゃいました。
(ライト点きっぱなし)
買ったばかり高いバッテリー。大ダメージだす。

なんか対応をと(検索けんさく)

力技としてキーをハンマーでひっぱたく。ってのが有り申した。
ん〜

まあ、ひっぱたくにしろ予備キーを作りませう。
と、大人の判断。

鍵屋さんで「気持ち大きめ」って言ったら、コンマ何mmだか大きく複製してくれた。

key.jpg

とりあえず抜けないみたい。
(タンクのキャップが本気で抜けなくなって焦ったけど、グリス注入で解決)

SSTってのは、モーターステージが出してた(過去形:なにやらこのタイプは絶版らしい)
スパトラ4インチにくっつける、それはカッチョ良い消音装置なのだよ。

説明はややこしいのでこれ。

SST01.jpg

確かに、質感は大変高いのだが・・・新品は腰が引けるほど高価であった。
たまにオークションで発見しても、なかなかの競争率。

このたび、このSSTが(ひっそり)付いてるじゃあ〜りませんかマフラーが丸ごとで売りに出てるのを発見。

3日迷って購入。

早速、取り付けてみようとお皿を外すと・・・
あぎゃぁ〜〜!!

sst02.jpg

チ〜ン。
終わってます。
って、ウスウス知ってたんですがネ。

今回の、丸ごと購入には、部品取りとしての思惑もあったんだが
○部品取りして補修・・・ボルト位置が違う&バラすには勿体ない上品なんだよねぇ。
○丸ごと取り替え・・・アルミショートはSRVにあまり似合わなさそう。

どっしよっかなぁ。
素直に補修部品買う方に傾いてる。

そうそうSSTの感想は・・・
現在皿6枚。なんかイマイチ抜けが悪い様な。
音はドリュリュ〜って、スパトラオリジナルとは趣が異なる。
まあ好き嫌い。
これも、ちゃんと修理してからで無いと評価出来ないか。

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10