SFってこんな感じ-レポマン

| コメント(0) | トラックバック(0)

エリック ガルシア著 土屋 晃 (翻訳) の
「レポマン」読了。

レポマンってどうやら、借金のかたに差し押さえをする人のことらしい。
昔同名の映画を見たけど、そん時は車だった。

今回は内臓。人工のだけど・・・
現在と過去が入れ子になるけど、とても読みやすくて面白かった。
翻訳もすばらしいんだろうな、多分。
これ映画になるらしい。

ちなみに「ヤマト」見てきた。突っ込みどころ満載、大人向けとしては少々薄っぺら。
それでも、そこそこ楽しめると思うけど・・・
大上段でSFって言うのはいかがなものか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kugizuke.net/mt/mt-tb.cgi/68

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2010年12月18日 21:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「後輪タイヤを交換なぞしてみる」です。

次のブログ記事は「スプラッシュ試乗とエッセ車検」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10