YB-1路上復活、速攻壊す。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2011年7月に捨てられ掛けていたのを、ご近所から頂いてきて以来
時々手を入れたり放置したりしながら、現在に至る。
ヤマハの原チャリYB-1 2ストのヤツです。

ついに2013年3月、自賠責にも加入し路上復帰いたしました。
バック・トゥ・ザ・ストリート。

GASタンクがいまいち不安(錆で燃料漏れ)だったので、オークションで格安品を入手。
今回の復帰にこぎ着けました。

今回スクランブラー風に仕上げようと思ってるので、河原敷のダートなども走らせてみる。
サスとかはアレだけど、軽いので無茶しても大丈夫。
タイヤと減速比とか変更するだけで、結構遊べそうでウキウキしてた。

YBhand.jpg

ケチってバッテリーレス仕様にした結果、アイドリングでは明らかに電力不足。
だったり。

タイヤはガビガビ
だったり。

まだ手を入れる必要はあるのだが、
まあボチボチ手を入れてけば良いかぁ〜てな感じだったわけですが・・・

したらば早速壊しました。
10kmくらいは普通に走っていたんですがねぇ
ビィ〜ン・・・ギョッギョギョ〜ムイィ〜ンプスン

停止。まさか焼き付きですかぇ。

3、4km押して歩きましたよ。
軽いからまあ押し歩きも楽です。

帰ってプラグを見てみたら、カラッときれいなキツネ色。
2ストなのにカラッとって・・・オイルはどうした!!

オイルポンプのドレン緩めたら、ウワッ水が出てきたよ。
じゃぁ〜じゃぁ〜。と。
そういやエア抜きしてオイル入れてから1年以上経っている。
ちゃんと確認すべきだった。トホホ。

まあ、まだエンジン掛かるのでとりあえず開けて見ます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kugizuke.net/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2013年3月22日 19:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「洗車などしてみた」です。

次のブログ記事は「ピストン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10