「ぜったい得するオイル選び」を読む

| コメント(0) | トラックバック(0)

藤沢さんと言う方は、元NISMOメカニックとして星野一義をはじめとする一流選手のマシンをメンテナンスした「メカニックの達人」と呼ばれる人。現アタックレーシング代表。

オイル選び.jpg

この方が監修した「ぜったい得するオイル選び」を読みました。
まあ、読まねばなるまいって感じで読んだんですが・・・

まず興味はオイル交換スパンはどんな見解でしょーか?ですが
「オイル劣化の原因はガソリンによる希釈がほとんど。なので、メーカー指定が1万~2万kmとロングライフ化しても5,000kmくらいが妥当でアル。」と・・・

ふ~む。ガソリンによる希釈の話は知ってました。
それで、GPα3000の様なバラス効果をもつ潤滑油を使った場合、希釈を大幅に押さえコトが出来る=オイル寿命も延びる!という理解をしておったわけ。

あと、添加剤に関しては「ダメではないが慎重にした方が良い。」と言うニュアンス。
アタックレーシングさんもX-1と言うオイル添加剤を発売しているんですが、一般向けだとこの辺の表現が穏当なのかな。

etc・・・

まあ達人が書くと説得力が違うよなぁ~などと思ってもおったわけです。

したらば・・・

****************************************
記事を書くのはおろか、監修すらしていないのに・・・・内容は、「私が監修したなら、こんな事は・・・・」と思う記事で埋め尽くされていました。・・・そして「なにかの意図」を感じずにはいられない。「こんな事をして得をするのは誰?」なんて、ついつい考えてしまう出来事でした。〈藤沢の部屋より引用〉
****************************************

と驚くべきコトがご本人のHPに書かれておりました~!!
どういうこと。どの辺がアレなんでしょうかねぇ。

当然何処かの何かの売り上げとか、お金絡みには違いありませんが。
世の中怖いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kugizuke.net/mt/mt-tb.cgi/33

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2013年4月 2日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ピストン」です。

次のブログ記事は「リンスインシャンプー的なヤツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10