YBヘッド面研

| コメント(0) | トラックバック(0)

先般ボーリングが完了し、復活を果たしたウチンチのYB-1ですが、いまいち線が細いと言うか、ダラーと回る感じ。

元々低速型のビジネスバイクなんで高回転を期待しちゃいけないんですが・・・。

ちょろっと書きましたが、ボーリングに出す前に排気ポートを1mm程上に拡大しております。
工事がいい加減で、若干不安ではありますが、理屈的には気持ち高回転型になっているハズ。
同時に圧縮比は若干落ちている(2ストの圧縮比はそう言うモノらしい)ハズ。

それを補うため&よりパワーアップをして頂くため、シリンダーヘッドを削って圧縮比をアップしま。
事前リサーチによると0.5mm位はほぼ問題無い感じ。

menken.jpg
▲縁の段差が無くなるまで削ると約0.5mm

紙ヤスリを板に貼って、ジョリジョリ削ります。
ヘッドはアルミなので、案外サクッと。
若干均一に削れてないんじゃなかろーか?と言う疑惑もあり、今回0.3mm位で勘弁してやる。

早速装着して試走。
出だしは、若干トルクアップかな?ってレベルだが、上の方はそれと判るほど吹き上がりが速く&力強くなりもうした。

でも、っま、言ってみてもたぶんノーマルレベル。
あと0.2mm行って見ましょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kugizuke.net/mt/mt-tb.cgi/24

コメントする

このブログ記事について

このページは、vs747が2013年5月27日 15:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「計測してみた」です。

次のブログ記事は「エアクリ交換」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10