2014年4月アーカイブ

連投

Arcoはアルコ写真工業っていう日本のメーカーで、レンズ自体はズノー光学工業(Zunow)のOEM。
共に60年初頭に倒産。

写りっぷりもアレだが、レンズのデザインも素敵。金属感もズシリと半端無い。
cineWarco.jpg
▲う〜む。突撃砲的魅力。iphon4で撮影

オートバイとか機械ものよりは、花や動物みたいなものの方が、得意っぽい。
シャープな描写では現代のレンズにかないません。

ume.jpg
▲庭の梅とSAAB9-3。たぶん01 STANDARD PRIMEだと思う。

日差しがばっちり当たってたりすると、それはもう発光してる様な具合。

標準の01 STANDARD PRIMEは、そこそこ評判の良いレンズ。
わしもコレがついてたから、旧Qを買ったとも言える。

SRVcont.jpg
▲01で。諧調補正してシャープネスかけてる。

シネレンズ2本とマウントアダプターで数千円。
これだけ遊べると、優良な遊びと言えますでしょ。

古き良きもの

| コメント(0) | トラックバック(0)

ああそうだ。
ここくぎづけは好きな事書いていいなだよな・・・仕事がらみじゃないし。

YB-1up.jpg
▲90年代バイクに70年代マフラー。撮影はQの標準レンズ01 Standard Prime HDR撮影

カメラ買った事は書いたけど、買った後PENTAX Qには、ふる〜い8mmカメラのレンズが、うまい事装着出来ることを知る。
それではと、オークションで手頃なレンズを2本(カメラごと)入手。

なんつーか、写った写真は昭和の香り。

1丁目640.jpg
▲シネTアルコで撮影 60年代だ! 215mm相当の望遠。

マニュアルフォーカスなんで、合わせ難いってのもあるけど、ピンが来ても若干ソフトフォーカスっぽい。
ちょっと優しい感じで好きだね。

ohana.jpg
▲シネWアルコ 35mm相当の広角。

自分が古いもの、中古ものが好きなのも、こういうことなのか。
と、確認した気がする。