2014年7月アーカイブ

セカイモンでDマウントレンズを仕入れてみました。9本ばかり。
なにしろ、送料が掛かります〜ので、トータルで安かったのか高かったのか微妙な感じ。

おまけに、ヘリコイド(ピント合わせ)が固着してるとか、どうにもピント合わないヤツがあったりとか・・・難しいねぇ。

でも、国内では珍しいレンズが入手出来たりもするですよ。
詳細不明でカメラごと落札したので、わしも到着して気づいたのですが。
Wollensak Raptar 1インチ telephoto。

Cマウント1インチは、標準レンズで良く見かけますが、Dマウント望遠は、ほとんど検索ヒットしないです。

Raptar1inch.jpg

35mm換算で140mm程度の望遠レンズになります。
見かけはコンパクトで、全然望遠っぽく無いです。
写りっぷりも、結構好み。いい感じ。
Raptar1inch01.jpg
▲トリップにピント合わせる。背景もっと気を使えばいい感じになりそう。

Raptar1inch02.jpg
▲チョットコントラスト上げてるけど、機械モンとかもいい感じ写す。

今回他にもCine Raptar(シネ・ラプター)数本入手。

アダプターの厚みを、5mm位減らさないとピントが合わないですよ。
なので、厚み約6mmのネジ部分パーツを撤去して、そこにレンズを固定しま。

このままだと、レンズ後端がQの内蔵に刺さるので、スペーサーを噛ます。
ピントもあわんし。

ねじ込み部の直径は、1インチなんで「何かあるでしょ」と楽観。
実際、自転車用のアルミスペーサーを見つけたのだが、送料の方が高いぞ!

探せばあるある。メール便対応の所。早速注文。

厚みは2 mmで、このままだと、ちょい厚いので紙ヤスリで1.2mm位まで削ります(実際は現物合わせ。)

固定は、イロイロ考えたけど、ボンドSUで接着。

はい、接着しました。しかもセンターずれてます。
わざとで無く。

まあ溶剤で、剥離出来そうなので。
修正します。近日。

早速、持ち出してパチパチ撮りまくる。
単純に楽しい(笑

gyo01.jpg

gyo10.jpg

mado.jpg

拡大すると、解像度はチョイ厳しいものがあるな。
寛容な俺でも「ウム」と唸るくらい。
まあ、Webに上げる分には良いんじゃなかろうか。補正したけど。