ELGEETとWALZのハイスピード試し撮り&取捨選択

| コメント(0) | トラックバック(0)

いずれ整理しなければ・・・
最初からそのつもりだった訳だが、そんじゃどれを手放すかつ〜とナカナカ難しい問題。

先日ワルツの6.5mmを落札しちゃって、シネレンズただいま12本ですよ。

コイツは良くあるf1.9でなく大口径のf1.5。
しかもマウントはBHとDのダブルマウント(こういうのがあるらしい)。

ワルツは、日本製らしく基本まじめにキッチリ写る。
間違ってやって来た38mmも、すげ〜キッチリ写る。

muni.jpg
▲walz 38mm f2.5気持ち良く写る。面白みが無いって人もいるけど、俺は好き。

どう考えても、この6.5mmは良く写りそうな気がする。
っと、コイツには期待しちゃったんですが・・・


実際のとこ、ローファイ感満点。
ふぇ〜どこぞ具合でも悪いのか?

koma02.jpg
▲walz 6.5mm f1.5 絞ってもこの感じ・・・

良く写るヤツを手元に残すのが、賢そうだが・・・
このワルツ6.5mmとかラプターの25mmとか、珍しいヤツをキッチリ修理したい気もする。
とかなんとか、こんなん含め、いずれ整理せんといかん。

取りあえずBHマウントの、エルジートの38mm f1.5は手放すか・・・
でも、どんな写りをするのかは少々気になるところ。

dmount.jpg
▲左からエルジートの38mm、ケルンのイバー36mm、シネラプター13mm

BHマウントは、Dマウントと同じ8mm用で、より高画質レンズに採用された規格らしい。
フランジバックはDに対して+2.56mmなので、手で充てがえば、ピント合いそうな気もする。

かなりデカいレンズなので(Dとしては)、机の上に安置して、ブツの方を移動。
フランケンウィニィーのちっこいフィギアとグラスね。
たぶん、標準より大分近くでピント合ってると思われるが・・・

ん〜伊達にデカくないな、このレンズ。

逆光気味でも、シャドウのグラデーションが非常に素敵だし〜。

惜しいなぁ〜。

とか言ってないで諦めろ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kugizuke.net/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする