乗り物ネタの最近のブログ記事

オークションで入手したFS-1のマフラーですが、同サイドカバーも入手したのでガッチリ装着してみました。

YBFS01.jpg

オイルレベルセンサーは作動しなくなりますが、抉りにマフラーがキッチリ収まります。
しかし、ワイヤーやら燃料ラインのそばを高熱のマフラーが通るの、若干不安ですな~。
シリコンシートと断熱シートで養生いたします。

FS-1は1969年発売のモデル。

若干色あせた、オレンジメタリックのオイルタンクと、全体に錆の出たマフラーは40年の月日を感じさせます。
取って着けた感じで、浮きまくってるけど・・・このままも、なんか良い感じ。

YBFS02.jpg

お金をかけて再メッキや再塗装もいいけど、やれたモノはやれたままってのも、良い味出てると思うんだが、いかがでしょう。

藁を取り除いた、FS-1マフラーは、やっぱりそこそこウルサイ。
その音の影響もあるかもしれないけど、レスポンスはすっかりスポーツモデルっぽくなりました。
伸びもぜんぜん違う!

お蔵入りしていた、キックペダルも装着。
足もとスッキリ。

Ripica.jpg以前書いたリンスインシャンプー的なヤツを購入いたしました。

オートバックスに置いてあるとのこと〜でスーパーオートバックスで発見。
しかもなんと30%OFF!

安く買えたのは結構ですが、あきらかに長期在庫の風情で在庫処分。
リピカ全製品なので、おそらく今後入荷するコトは無いでしょう・・・。

多少高価くても、ゼロウォーターから乗り換えようと思った程の実力。
なかなか良い製品だと思うんですがね〜

知名度というか、広告力の差を見せられた気がいたします。

エアクリ交換

| コメント(0) | トラックバック(0)

オクで買った中古のエアクリボックス。
フィルターはダメっぽいなぁと思いつつ、今日まで見ないふりを続けてまいりましたが・・・重い腰を上げました。

したらば、やっぱりこげな惨状。

ec02.jpg

今回、かの有名なターボフィルタを丸めて接着。

ec.jpg

スッカスカのレギュラータイプで無く、目の細かい「極細」。
それでも空気は、いっぱい吸い込むようになると思われます。

抜かりなく、メインジェットは95→105に上げます。
今度焼き付くと、心が折れますので。

MJ105.jpg

思ったほどパワー感は変わらず。TOPスピードも誤差範囲。
でも、40〜50km/hのトルク感はかなり改善。非常に乗りやすくなりましたデス。

YBヘッド面研

| コメント(0) | トラックバック(0)

先般ボーリングが完了し、復活を果たしたウチンチのYB-1ですが、いまいち線が細いと言うか、ダラーと回る感じ。

元々低速型のビジネスバイクなんで高回転を期待しちゃいけないんですが・・・。

ちょろっと書きましたが、ボーリングに出す前に排気ポートを1mm程上に拡大しております。
工事がいい加減で、若干不安ではありますが、理屈的には気持ち高回転型になっているハズ。
同時に圧縮比は若干落ちている(2ストの圧縮比はそう言うモノらしい)ハズ。

それを補うため&よりパワーアップをして頂くため、シリンダーヘッドを削って圧縮比をアップしま。
事前リサーチによると0.5mm位はほぼ問題無い感じ。

menken.jpg
▲縁の段差が無くなるまで削ると約0.5mm

紙ヤスリを板に貼って、ジョリジョリ削ります。
ヘッドはアルミなので、案外サクッと。
若干均一に削れてないんじゃなかろーか?と言う疑惑もあり、今回0.3mm位で勘弁してやる。

早速装着して試走。
出だしは、若干トルクアップかな?ってレベルだが、上の方はそれと判るほど吹き上がりが速く&力強くなりもうした。

でも、っま、言ってみてもたぶんノーマルレベル。
あと0.2mm行って見ましょうか。

計測してみた

| コメント(0) | トラックバック(0)

13T化してから、車の流れに乗れる程度のTOPスピードを獲得したのだが・・・
メーター振り切っちゃてるんで、どれ位出てるか不明。
そこはそれ気になるが人情で。

iPhoneのサイクルコンピュータアプリを起動。
ポケットに入れて計ってみた。

naxsp.png

意外にたいしたことないな・・・
(原付の場合、公道では大違反です!)
っま、周囲の車の流れをみれば、こんなモンでしょうかね。

でも、良いんです。
まだやれることイッパイあるし。
やるやらないは別として、脳内チューンも楽しい。

YBtanbo.jpg
▲カリカリせんで田んぼとかの風景が似合うような気がする。

先日チェーンの長さがたんなくて、頓挫しておりましたドライブスプロケット13T化計画。
ノンシールチェーンなら1,000円位のモンだと判ったので、購入することに。

ノーマルが96コマらしいので、98コマを注文。
一回ふた開けてるので、サクサクと作業終了。
長さはピッタリ!いんや、延びたら引けないか?

その時はその時。

13T02.jpg

実は交換前のチェーンにGPα3000チョット塗布してみただよ。
エンジンオイルに50%混入した濃いめのヤツ。

感触は悪く無いけど、飛び散りや耐久性のバランス点は、濃度とかいろいろ試す必要がありそう。
そこはそれ、専用品(しかも超優秀)円陣家至高のC.P.O.を選択。
初期のオイルを拭き取って、チマチマ注入。
相変わわらずGood!!

cpo.jpg

無事装着完了し、エンジンも組み替え後100kmも走ったことですし、チョビット回してもOKかな?

そもそもノーマルのフロント11Tは、60km/hに対応させる為のリミッターでしか無いと思われます。
2速発進は普通にOKだし、一度走り始めちゃえばシフトダウンの必要性をほとんど感じない。
4速とは言え、実質3速+スーパーロー。
そりゃ皆さん12Tとか13Tに替えたがるわけだ。

13Tにしてコレが正しい姿だと。
回さないとモタモタするのは、50ccゆえ仕方が無いとこ。
交差点ではシフトダウン、TOPスピードもメーター振り切る位はいけます。
記憶の中の(あくまで30年くらい前の記憶です)MR50に近い感じです。

しかし発進加速はフツーのスクーターに負けます。
で、その後抜き返せる。
って感じ。

初回テスト燃費計測は33.98km/l。
まあ2stだしこんなもんですかねぇ。

ふと、フロントタイヤの回転方向が逆なのに気づく。
・・・イイことにするか。

話は前後しますが、シリンダーをボーリングに出す前に、どうせなら・・・とポート研磨してみました。

やすりを片手に始めたが、いんや鋳鉄シリンダーは堅かった。
まるで削れやしない。

ならばと電動工具投入! 
RYOBIの電動ドライバーは、壊れて動かなくなったままなので、
よく知らないメーカーの特売品を購入。

格安だが結構ゴツクて仕事しそう・・・が15分もせず煙はいてご臨終。

この役立たず!!

ded.jpg
▲煙はあくまでイメージです。

まあ適当なところであきらめましたが、排気ポートを上に1mm程度拡大。
若干だが高回転型になってるハズ。

と言う状態でボーリングへ発送した次第です。

井上ボーリングさんから、予告どおり27日シリンダーとピストンが到着いたしました。
見繕ってもらった結果0.75mmオーバーサイズです。

今回せっかくなんでシリンダーはプラトーホーニングっていう高精細加工。
ピストンやピストンリングはWPC&モリブデンショット加工を施してもらいました。

sl&pis.jpg
▲そこはかとない良い物感。

別に100km/h出るようになるとか、そういう加工では無く・・・
主に初期馴染みと耐久性のアップを目的としとります。かつフリクションロスも減るらしいので、小排気量2stにはかなり有効ではないでしょか?

ピストンリング折らないように念仏を唱えながら、無事エンジン組み込み完了!
先週パンクさせたリアタイヤも無事(実際は相当ヘマしたんだが・・・)装着。

その他、バッテリーやらオイルセンサーやら交換して試走にGo!!

bt.jpg
▲2,000円のやつ。 バッテリーレスキットは撤去お蔵入り。

「このタイヤなんかグニャグニャした操縦性だな〜。」
・・・・空気圧が足りませんでした。気づきそうなモンだが。

「なんか五月蠅いな〜2stってこんなもんだっただろか」
・・・・フランジが緩んで排気漏れしておりました。これも気づきそうなモンだが。

ほんと、集中力っていうか注意力散漫で、我ながらイヤになる。
なんなんでしょ。歳ってやつなんでしょうか?

とりあえず、完調ではないけど、バック・ツゥー・ザ・ストリート・アゲン。
オドメーターは10272.8km
一応慣らし運転100kmくらいしますか。

YB-101.jpg
▲ブリッジハンドルとキャラメルブロックタイヤが良い感じじゃありませんか。

もう一気にやっちゃわないと・・・半ば義務感でYB-1の復活作戦進行しとりますが。
楽しみと言うより、もうめんどくさい感が先立ってます。正直。

こういう時は、いろいろ裏目に出たりもします。

まず、フロントスプロケ。標準の11Tは、いかにも回転が上がりすぎ。
世間では13Tってのがお勧めらしい。
オクでスズキ純正バーディー用13Tを格安ゲット。

13T.jpg

ココまではヨシ。

さて、交換してみようかね〜と、ふとチェーンの遊びを見ると・・・・・
なんか一杯いっぱいじゃね? 

asobi.jpg

ん〜無理かなとか思いつつばらしてみるが、やっぱ無理。
穴掘ってそんまま埋める。

タイヤも10%OFFセールだったのでIRCのTR-1ってやつを入手。
ミニトレ純正と同じパターンってのがミソだが、減りは早いらしい。

フェンダー外さないとダメかと思ったけど、横から外れるらしい・・・あ、外れた。

タイヤ外してチューブも新品。新しいタイヤを装着!
注意してたつもりなのに、やっちゃった。
チューブはさんでパンクさせちゃった・・・

もうイヤ。なかったことにして、組み付けて前輪へ。
前輪は成功。

ふ〜。
今週末シリンダーが上がって来るんだが、この調子だとピストンリングとか折りそう。

もともと洗車などをマメにする方では無いのですが、ウチのスカラベグリーンSAABは強烈に汚れが目立つ気がする。
近隣のお車に比べて300%増し。

なので、けっこう(自分的には)あり得ないくらい洗車してます。
言っても2ヶ月に1回くらいのもんだが(笑

勢い、いかにカンタンにそこそこの効果を発揮するかがポイントとなります。
最近は、シェアラスターのゼロウォーターがお気に入りで、先日1本使い切って、
もう一本買おうか〜と思ってた矢先。
こんなサンプルを発見!100円で1回分頼んでみました。

ripica01.jpg

洗車と同時にコーティングができちゃうと言う、めんどくさがり屋さんに福音。
リンスinシャンプー的な一品。リピカです。

とりあえずルーフとボンネット&フロントガラスを洗ってみた。
ゼロウォーターは親水だけどこいつは撥水。
さほど艶々感はないけど、自然な仕上がりは悪くないんでない。
簡単だし。どうやらオートバックスでも置いてるらしい。

ripica02.jpg

    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち乗り物ネタカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはまあその他のネタです。

次のカテゴリは好きな歌ネタです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10