映画やテレビネタの最近のブログ記事

【見てきたその壱】
先週末あの「ムカデ人間2」を見てきた。

え〜上映開始15分で帰りたくなる。

直裁的な描写の割に「痛そう感」はそれほどでも無い。
意外に「プライベートライアン」や「ブラックホークダウン」の方が痛そうです。

評価するトコがないでは無いが・・・次はいいかな。

【見てきたその弐】

で、日曜日にウンノヨウジ監督の「みずさ」完成試写会に。
今回も必殺技とか変身シーンとか、ちょこっと手伝わせてもらいました。

コチラは安心して見れるヒロインものなのでホットいたします。

2012.9.4 DVD on sale でございます。
http://www.eh-gate.jp/81movies/mizusa.html


EMOS0003.jpg

kinecoの新作。キャストも一新してパワーアップ!
前のkineco支持派も多いようだけど、コレはコレで良かったと思います。
今回もタイトルモーションと一部特殊効果担当しました。


予告編

本編は▼見てちょうだい!
みんなTVの4ch「東京国際テレビ」http://minnnatv.com/

7月15日(金)~7月31日(日)ま​で 毎日18:00~18:30に放映されます。

視聴方法はコチラ
http://www.advertimes.com/​20110519/article15607/

エリック ガルシア著 土屋 晃 (翻訳) の
「レポマン」読了。

レポマンってどうやら、借金のかたに差し押さえをする人のことらしい。
昔同名の映画を見たけど、そん時は車だった。

今回は内臓。人工のだけど・・・
現在と過去が入れ子になるけど、とても読みやすくて面白かった。
翻訳もすばらしいんだろうな、多分。
これ映画になるらしい。

ちなみに「ヤマト」見てきた。突っ込みどころ満載、大人向けとしては少々薄っぺら。
それでも、そこそこ楽しめると思うけど・・・
大上段でSFって言うのはいかがなものか?

img.jpeg

8月29日(日)PM2:30開場 PM3:00開演
於:グランシップ 2F映像ホール

県外の人もガンダムの近所なんで、ついでにいかがすか。

予告編ユーチューブとかはこちら

世にも奇妙な・・・チックな作品や
ちょいホラー系の作品とか・・・
「悪霊封印妖怪KINECO」のウンノ監督の新作も上映さるる。

友人のウンノ監督作品がDVD発売になりました。パチパチ。

トイレの女はちょっと怖いけど、KINECOは楽しく見られる。
キネコ可愛いし。
私もCG&特効で少々お手伝いさせて貰ってます。

「悪霊封印妖怪KINECO×トイレの女 」
DVDの購入は
楽天市場 東京お蔵屋
あと、ヤマダ電機でも買えるらしい。

オフィシャルサイト
bnr01.gif

「いや〜これも相当ですよ。」と仮面ライダーファーストの後で貸してもらったんだが・・・

これは良いじゃん。
ネットとかでも酷評が多かった様に思うけど、なんで?
これはOK。

大げさに言えばサイコー!!だす。
子供も大喜び。

わたしゃ完璧に原作鉄人世代で、横山光輝風ロボットをお絵描きしまくったクチですが、
この映像作品は全面的に肯定します。

ビバ!!

アニメ劇場版『白昼の残月』ってのが公開されたんだぁ〜、これはどうなんでしょ。
TV版を見た印象からいうと「こだわりすぎて、うっと〜しい」気もする。

流れ込むノイズ。呼び起こされる過去。記憶。


グシャノビンヅメ 公式 サイト

GUSHER NO BINDS MEと表記してまんな・・・
迸りは私を縛らない?みたいな感じなのか。
なんたら意味深。

エレベーターは悪夢によく出て来るアイテム。で、気になって見てみた。
判りにくいけど、拒絶はしてない。

でも、全体としてはチョット惜しかったかな〜って感じ。

オープニングのモーショングラフィックはカッコええよ。


ちと借りて観てみた。
久しぶりに早送りしちまいました。

コウモリ男とクモ男は結構すてきだし、前半とか結構良いシーンもあるんだけど・・・
なんでこうなっちゃったんだろ?って感じ。

想像するに、色んなしがらみや横槍が有ったんではなかろうか。
そうでも無ければ、こうまで酷い話しには、成りようが無いもの。

デビルマンや鉄人28号など、ことごとくアウトなのは同じような理由なのかねぇ。
未見だから断定は出来んけど。だとしたら悲しい。

ローレライ早速貸してくれた人がいたんで、観てみました。
原作は読んでませんので、『潜水艦の話し』くらいの事前情報しか持ってねぇ。

っで、観ると意外な設定に結構度肝を抜かれました。おぉ〜てなもんざんす。

全体としては面白く観られたんですけどね・・・突っ込み何処は満載です。
まぁフィクションだから、大人気ない真似は・・・します。

●CGが漫画チック。(わざとだとか)
●映像がキレイ過ぎる(雰囲気不足だと思うんだが)
●米軍の俳優がヒジョ〜にB級っぽい(結構重要な役だと思うんだけどねぇ)
●いくら"見え"たって、あんな器用な真似はゼ〜タイ無理でしょ。

などなど。

最大の違和感は、時代を感じさせない事かね。
わしも当時を知ってる訳じゃないし、軍人がどういう思考の人達なのか判らんけど
なんか、考え方も行動様式も現代的すぎるきがします。
全て計算どおりって言われたら、それまでですがネ。

結局、そこそこおもしろいけど、今イチ印象の薄い感じ(やっぱり)。

うわぁ〜肥えた。
久しぶりに体重計ったら、標準値より2kg位増えてやんの。
今年の初頭では、逆に1.5kg位減少してたんで、高低差3.5kg。
間食のし過ぎだな・・・

さて。それはそれ。
昼の連ドラで「我が輩は主婦である」ってのをやってた。
見たのはたまたまなんだけど、どうも妙だよ。
出演者からして普通の奥様むけ昼ドラとはちがう感じ。(つーても昼ドラに詳しいワケじゃない。)

実は夏目漱石メイド服の斉藤由貴、
その夫郵便配達員の及川光博、
お向かい元ヤン床屋店主レッド吉田 
などなど

検索かけてみると、宮藤官九郎脚本ちゅーことで要注目ドラマらしい。
ははぁな〜る。
私、特にクドカンファンでも無いので、詳しーことは判らんが、独り合点。

全40回。今日で15回目。毎日絶対見るとは言わんが、暇なら見てみようと心に決めた。

    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち映画やテレビネタカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは好きな歌ネタです。

次のカテゴリは犬ネタです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10